AYUのお勧め記事♪

AYUのお勧め記事を掲載しています☆ゆっくりとしていって下さい♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松井証券で自動発注するマクロ♪ 

ここでは、松井証券で毎日自動発注するマクロを紹介します!

この記事内容の前提については、ひとまず「SBI証券で自動発注するマクロ♪」のページを読んでください。
使うツール等について大まかに説明がしてあります♪


■ 松井証券で自動発注

スポンサーサイト

SBI証券で自動発注するマクロ♪ 

売買システム(ストラテジー)が出来上がったら、今度は自動発注するシステムを構築しますheart-ani01.gif

自動発注するシステムは主に「有償ツール」「無料ツール」「自作ツール」がありますが、AYUは「無料ツール」+「自作ツール」で取引をしていますw05.gif

それぞれのツールには次のものを使っています。

onpu10.gif「無料ツール」・・・UWSC http://www.uwsc.info/
onpu10.gif「自作ツール」・・・EXCELのマクロ

構造としては、EXCELで注目銘柄の情報を楽天RSSを応用して管理し、マクロでUWSC用の注文コードを書き出します。
EXCELについては、次回の記事で書くこととして、今回はEXCELで書き出した後の発注コードを紹介しますw03.gif


■ SBI証券で自動発注



SBI証券で自動発注する方法としては「WEBブラウザから発注」する方法と「HYPER SBIから発注」する方法の2種類があります☆

今回は、「WEBブラウザから発注する方法」について、解説しますw04.gif
(HYPER SBI自動発注の記事は需要があれば公開します。)


さて、自動発注にはUWSCという「無料ツール」を使います。
UWSCは http://www.uwsc.info/ からダウンロードすることができます。

このツールは簡単に言うと、マウスやキーボードの動作を自動化するツールです。
(10秒後にENTERキーを押し、その後5秒後に画面の中心をクリックする等)

公式ホームページにサンプルがありますし、解説サイトも沢山ありますので詳細な使い方については、検索してみてください。
・公式HPサンプル http://www.uwsc.info/sample.html
・検索 「UWSC 使い方」で検索 等


※以下は、UWSCの基本動作及びVBA等の基本的知識があるものとして、記載します。


■ 自動発注の構造



主ななマクロ作成の流れは以下のとおりです。

1、UWSCには動作記録機能を使い、発注動作を記録する(1銘柄)。
2、コードを少し弄り、複数発注できるようにする。

・・・以上、2つの作業をすれば、簡単に自動発注ツールが作れます♪


さて、具体的にどうすれば良いか解説していきましょう!

【1について】
SBI証券は 取引 → 新規注文/取引所 の位置が発注する間は座標が変わらないことを利用します。

まず、以下の動作をUWSCで記録します。
・新規注文/取引所をクリック
・現物買 または 信用買 をクリック(AYUは信用買です。)
・銘柄の欄をクリックし銘柄を入力
・株数の欄をクリックし株数を入力
・価格の欄をクリックし価格を入力
(・必要ならば期間指定をクリックし期間をマウスで選択)
・取引パスワードの欄をクリックしパスワードを入力
・注文確認画面へをクリック
・注文発注をクリック

※注意事項!
上記の動作は画面をスクロールする必要がないようにブラウザを調整(幅や文字の大きさ)してから記録してください。(文字の大きさは「ctrlキー」を押しながらマウスホイールを動かすことで調整できます。)

※参考
AYUの画面解像度は22インチワイドモニター1680*1050です。
firefoxの通常の大きさで1050で幅がギリギリですので、これより縦幅が小さいとキツイかもしれません。


記録が終わったら適当な名前をつけて保存しましょう!



【2について】
1が終わったら、今度は複数銘柄が注文できるようにソースを書き換えます。
保存したファイルをメモ帳で開くと下のような(あくまで例ですので一致しません)ソースが表示されるはずです。

BTN(LEFT,CLICK,815,264,10)
BTN(LEFT,CLICK,898,437,265)
KBD(VK_NUMPAD1,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD7,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD4,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD3,CLICK,100)
BTN(LEFT,CLICK,862,478,10)
BTN(LEFT,CLICK,1233,512,312)
BTN(LEFT,CLICK,968,915,391)
BTN(LEFT,CLICK,1247,999,62)
BTN(LEFT,CLICK,1013,579,937)
KBD(VK_2,CLICK,1218)
BTN(LEFT,DOWN,1078,837,750)

詳しい説明は解説サイトに譲りますが、簡単に言うと「BTN」はマウスを「KBD」はキーボードの動作を表しています。
( )の中は、動作、座標、動作時間を表しています。

上のソースでいうと下の部分が銘柄名を入力している部分となります。
KBD(VK_NUMPAD1,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD7,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD4,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD3,CLICK,100)
ちょっとみると気づくと思いますが、それぞれ「1」「7」「4」「3」という記号がありますよね。

これは「1734を入力せよ」という意味です。
ですので、この部分を書き換えてあげれば、他の銘柄を注文できるようになるわけです。
同様にして、株数や価格も変更することができます。

また、複数銘柄を注文するために「for~next文」を使って繰り返し注文できるようにします。
これは文頭に「for i=1 to ○(繰り返す回数)」を文末に「next」を入力するだけで「○」に入力した回数文だけ命令を繰り返します。

ですので、例えば1週目は「1943」を2週目は「6262」・・・となるように命令を書き込みます。
判断分岐の命令はいろいろありますが、今回は「select~selend文」を使用します。

これは「case1」「case2」・・・と入力することで、1週目は「case1」の命令のみ、2週目は「case2」の命令のみを実行できます。


以上を先ほどのソースに加えると次のようになります。

for i=1 to 2
BTN(LEFT,CLICK,815,264,10)
BTN(LEFT,CLICK,898,437,265)
SELECT i
 CASE 1
//1743
KBD(VK_NUMPAD1,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD7,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD4,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD3,CLICK,100)
 CASE 2
//1846
KBD(VK_NUMPAD1,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD8,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD4,CLICK,100)
KBD(VK_NUMPAD6,CLICK,100)
SELEND
BTN(LEFT,CLICK,862,478,10)
BTN(LEFT,CLICK,1233,512,312)
BTN(LEFT,CLICK,968,915,391)
BTN(LEFT,CLICK,1247,999,62)
BTN(LEFT,CLICK,1013,579,937)
KBD(VK_2,CLICK,1218)
next
BTN(LEFT,DOWN,1078,837,750)

あとは、上記の応用で10だろうと100だろうと自動で発注をすることができます☆☆

FX投資マニュアル本を無料で手に入れる方法♪ 

私が無料で入手したFX投資マニュアル本は次の本ですw01.gif

『FX投資即戦マニュアル』
出版社: 実業之日本社
定価1000円

ですheart-ani01.gifheart-ani01.gif

この本は最近注目を集めている金融商品「FX」の入門書ですstar-ani01.gif

有名講師陣(堀古英司氏など)が,為替の基本的仕組みから,投資戦略,長期投資,短期投資の心得,注文方法など,初心者~中級者向けに丁寧に解説していますheart-m.gif

FXを始めようと考えている人には是非読んでもらいたい一冊ですheart06.gif

今日は,この本を無料で手に入れる方法について説明しますw03.gif
fxakfjeka.jpg
↑↑↑この本が無料で手に入りますw02.gif

■ 無料で入手する方法heart-ani01.gif


方法は簡単で,口座維持費・口座開設料等が一切無料セントラル短資FXに口座を開設するだけですw03.gif

通常,FX口座を開設する場合,3万円~10万円程度の入金が必要ですが,セントラル短資FXは,口座を開設するだけで,チャート機能や,買売シグナル音声読み上げサービスを利用できちゃう上に本が無料で届くんですonpu07.gif

早ければ2~3日で手続きが完了するので,是非開設してみてねw03.gif



し ・ か ・ も !!!
先ほど少し述べた,売買シグナル音声読み上げシステムというのが,超便利なシステムで,AYUもスキャルピングする時にいつも利用していますkhana13-b.gif

yotuba2.gifオンライン口座開設はこちらからyotuba2.gif


■売買シグナル音声読み上げサービスって?heart-ani01.gif


AYUが使っているセントラル短資FXの画面は↓のようになりますkaoani-c3.gif
hdfhdfe9.jpg

これはなんと『売買サインを音声で教えてくれる』という優れものなんですw04.gif

トレードスタイルに合わせて5分・60分・日足・週足などに設定することもできて,テクニカルツールもメジャーなものの中から選ぶことができますw05.gif

AYUがスキャルピングする時は,セントラル短資FXをいつも使っています☆☆

ずっと画面を注視していなくて良いのが最大の魅力ですねonegai02t.gif

管理費等は無料なので,とりあえず口座だけ作ってみて,売買タイミングを見てみるのも,良いかもしれませんねw03.gif

興味のある方は↓からどうぞ♪♪
yotuba2.gifオンライン口座開設はこちらからyotuba2.gif

GR砲でお小遣いを稼ごう♪ 

今から紹介する方法は楽天銀行ゴールドラッシュを利用してお小遣いを稼ごうというものですstar-ani01.gif

これには楽天銀行の口座とSBI証券の株式口座が必要ですmini-hutaba.gif

証券会社についてはSBI証券以外でもできますが,SBI証券が一番手数料が安いのでオススメですkhana13-y.gif

この方法はただ単にお小遣い稼ぎが目的の人にも有効なので,是非試してみてくださいheart06.gif

さて,まずはゴールドラッシュについて簡単に説明します☆☆

■ ゴールドラッシュのしくみ


ゴールドラッシュとは楽天銀行が行っているキャンペーンの一つですpoint_009.gif

なんと,自分の楽天銀行口座に振り込みがあると,その振込件数に応じて現金がプレゼントされますw03.gif

さらに!次のような特典があります♪

  • 月間の振込件数により,1件あたりの報酬がアップ!

  • 報酬金額に上限なし!

  • 本人からの振込もOK!

  • Yahoo!簡単決済にも対応!


詳しくは楽天銀行へアクセスして確認して下さい☆☆




■ お小遣いの稼ぎ方♪



多くの人がまずピーン!とくるのは本人からの振込もOK!ということでしょうかwink02.gif

これは例え1円の振込でもOKなので,自分の他行銀行から楽天銀行へ振り込むという方法があります.

他行への振込が無料な銀行で有名な銀行としては

  • 三菱UFJ信託銀行 (無制限) (エクセレント倶楽部ダイヤモンドステージ/テレホンバンキング)

  • 住友信託銀行 (20回/月) (ゴールドステージ以上)

  • 新銀行東京 (10回/月) (2009年1月まで)


>がありますが,いろいろと制約があったり,手続きが面倒といった面がありますyotuba2.gif
そこでAYUが利用しているのが配当金を利用した方法ですkaoani-c3.gif

配当金なら各会社が株主総会後指定口座へ振り込んでくれるので,面倒な手続きがそれほどありません!

(ただし,各会社に指定口座へ振り込んでもらう手続きが少々骨が折れます.ですが,一回指定しておけば後は放置でOKです♪)

■ SBI証券のS株を使う♪


さて,配当金を使うということまではわかりましたが,配当金をもらう為には多くの人が単元株を購入しています.

これは例えば株価が100円で,単元株が100株であれば,最低でも100円×100株=10000円のお金が必要ということになりますp-clap-c.gif

当然,それを何銘柄買うお金なんてないですよね.そこで登場するのがSBI証券のS株です!!!

S株はどんな株でも1株から買えるので,先ほどの例のように株価が100円で,単元株が100株の銘柄でも,
100円で1株を買えることになりますheart-m1.gif

S株はミニ株とは違って自益権があるので,配当金や株主優待を受けることができちゃうんですw04.gif

・・・ですから後はわかりますよね?

  • S株を購入!

  • 配当金(数円程度)をイーバンクで受け取る!

  • 多くの会社から振り込んでもらうことでゴールドラッシュの対象になる!


  • 毎月数千円程度のお小遣いがイーバンク銀行の口座に入る!


この方法は結構お得でしょ?heart-ani01.gifAYU一押しですw05.gifちなみにこの方法を一般に「GR砲」と呼びます☆



■ 口座入出金を扱う方法


この方法はAYUは直接確かめてはいないので注意してください!

「理論的にはできるのではないか?」というAYUの勝手な予想です.

SBI証券松井証券に口座を持っている人の多くは,イーバンクやゆうちょ銀行などから各証券口座と入出金していると思います.

そして,多くの証券会社は入出金手数料が無料なんですよね☆

・・・ということは

  • 証券会社からイーバンクへ出金

  • →イーバンクから証券会社へ入金

  • →証券会社からイーバンクへ出金


これを繰り返せばゴールドラッシュの対象になるのではないでしょうか?(AYUはやったことがないのでわかりませんが)

興味がある人は挑戦してみて下さいw02.gif
やってみた人はAYUのブログの方にでもコメント残してくれると嬉しいです♪(AYUも気になるので エヘvvv)

※この情報は2008年11月19日現在のものです.キャンペーン内容が変わっている場合でもAYUは責任を持てません.

※追記(2008/11/25)上記の証券会社の入出金を繰り返す方法はできないことが確認されました.

ゴールドラッシュの対象となる取引について次のような文章がありました.

証券会社、消費者金融会社、金融先物取引業者、生命保険・損害保険会社等からの出金・送金等は原則対象となりません。

・・・ということでした.残念♪


AYUのお勧め記事へようこそ♪ 

このサイトでは,AYUのお勧め情報を公開しています.

これからがんばって更新していくのでよろしくお願いいたします♪♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。